SKUコード(通常バーコード)と在庫数量で棚卸を行い、SKUレベルで在庫数量を確定します。金額棚卸では売価還元法をとるしかありませんが、単品棚卸ではその他の原価法での評価も可能です。また、数量管理(商品管理)を目的に、不明ロスの調査、自動補充システムの前提となる在庫情報の更新、在庫年齢超過商品、すなわち「死に筋」退治などPOSデータをより高いレベルで活用することができます。 収集するSKUコードはJANコードに限らず、コード39、インターリーブド2オブ5、NW7などお客様独自のシステムや仕様に対応できます。 また、棚卸結果もご指定いただいた媒体やファイルレイアウトで納品が可能ですので、現状のシステムをほとんど変えることなく棚卸を外注化することができます。
売価と数量で棚卸を行い、部門(分類)別、陳列什器(ロケーション)別の在庫金額を確定します。資金管理のための在庫金額確定、利益管理のための粗利益の確定にご利用できます。使用する機器は米国National Data Computer社製の専用コンピュータで、高いスキルレベルが実現する非常な速さのキー入力速度に対応し非常に信頼性の高いマシンです。また、エイジスが独自に開発した棚卸システムで二重三重にデータをチェックし、高い生産性と精度を同時に実現しています。 棚卸終了後、棚卸結果はその場で集計されますので、すぐに、結果の検証を行うことが可能です。
Copyrights (C) 2007. All Rights Reserved by AJIS KYUSHU CO., LTD.